age++

仕事では相変わらずFlashで書かれたアプリケーションをWebSockethlsへリプレースしたり、今年に入って人が増えたのでレガシーな開発環境を開発しやすい環境(モダンな環境)へ整備したりしている。

組織に属して開発をやる以上、チームとして(今の|将来の)仲間が不幸になる事態はなるべく避けたいので、「プロダクトに必要なものを必要なぶんだけ。もし不十分になったときは、その環境を捨てやすいようなアーキテクト」を心がけた。

エンジニアとして「新しい技術を試したい」「置いてけぼりにされたくない」という気持ちは理解できるが、周りの人が幸せだと思っていない環境で、自分自身も幸せになれるとは思わないので、チーム開発におけるオーバーエンジニアリングはあまり好きじゃない。

 

26歳、この先のライフプランや働き方について考える機会が圧倒的に増えた。

これまで恵まれているとはいい難い人生だったが、上京してからは人や機会に恵まれた。

人と関わる恐怖心を和らげてくれた配偶者、友人。プログラマーの道へ導いてくれた人々、未経験の自分を温かく迎え入れてくれた1社目の会社。悪い縁もあれば良い縁もあるもので、恩返ししていきたい。

 

自分は中高不登校で学位どころかまともに教育を受けたことがない。ただ学ぶことそのものは大好きだったので、プログラミングや英語をはじめ基本的に独学で学んできた。今も何とかそれで生きている。

一方で問題にぶち当たり解決しようとうんうん唸ってる間に、10代の間たっぷり学んだ彼らがその問題をいとも簡単に解決するので、やるせない気持ちになる事は多い。さらに年々最新の技術を学ぶことに時間を費やしてきた若者たちが入ってくる。

最近は学び続けながらも、基本的に「経験」を以て立ち回らなければならない気がしている。

 

個人プロダクトをガンガンやっていきたい。好きなことでないとなかなか熱量を維持することが難しいので、旅のしおりアプリや麻雀スコア記録アプリとか趣味に関連するものを考えている。

 

幸福には相対的なものと絶対的なものが存在すると思っている。

相対的な幸福はお金や地位など「他人と比較して自分はどうなのか?」が気になってしまう。一時的に満足したとしても、不安や不満がなくなることはないし外的要因も大きい。

絶対的な幸福は趣味や大切な人たちと過ごしているときなど他人と比較する必要がない。前者もある程度は大事だが、永続性のある絶対的な幸せを大事に生きていたい。

そのために今どうするべきか考えている。