#技術書典 5に初サークル参加してみてよかったこと、つらかったこと

10月8日に開催された技術書典5にて初めてサークル側で参加した際の記録です。

サークル参加してみてよかったこと

  • 執筆するために短期間で一気に情報を頭に詰め込める
  • ご近所サークルさんとの交流が楽しい
  • 自分の本についての感想を見かけるとうれしい
  • 締め切りドリブンはやはり偉大

サークル参加してみてつらかったこと

  • 労働 + 原稿執筆の負荷
  • 印刷部数の見極めが難しい
  • オペレーションによる体力の消耗が激しい
  • 頒布物購入に手が回らない

イベント終了後は帰宅するのもやっとな程疲れ切っていました…それでも、心の底から楽しかったと言えるような体験をすることができました。

回を重ねるごとにサークル参加者も一般参加者も増加している技術書典ですが、今回も素晴らしい祭典でした。

運営の皆様、本当におつかれさまでした…!

ここからは、イベント当日に至るまでのお話です。

サークル参加を決意するまで

前回の技術書典4に初めて一般参加したことがきっかけでした。

「一般参加でこれだけ楽しいのだから、サークル参加したらもっと楽しいに違いない」と考え、次回開催は出展側で参加することを決意しました。

しかし、いざサークル参加申込みが始まってみると尻込みしてしまうもので、そんな折 DNSをはじめよう で有名なmochikoさんの記事が目に飛び込んできました。 note.mu この記事に背中を押してもらい、なんとかサークル参加申込みを完了しました。

サークル参加確定したあと

テーマを決める

兎にも角にもまずは本のテーマ決めです。

  • WEBフロントエンド系(現在業務で携わっている分野)
  • 積読しがちな自分でもサクッと読める
  • 自分が読みたいと思える

これらを念頭に、「図でざっくり分かるWEBフロントエンドの歴史本」というテーマに決定。

セルフ締め切りを守ることが苦手な自覚があったので、友人にレビューをお願いすることで 「xx日までには書きあげなければ」という状況をつくりました。

原稿作成

原稿制作ツールはInDesignを使用しました。InDesignを使用するのは今回が初めてだったのですが、IllustratorPhotoshopAdobe製品にはそれなりに親しみがあったのでいける…と思いきや目次周りでハマりまくったのでやはり事前に慣れておくべきでした…。 また、今回は表紙や年表、DLカード等のデザインもすべて自分で手がけることにしたので、そちらのデータ作成も同時に進めました。

一気に書き上げた後、テーマやレイアウトをもとに内容を削る作業に入るのですが、この段階で結構な量がお蔵入りになってしまいました… とはいえ、今後のブログや登壇のネタになると考えると、無駄どころか寧ろ恩恵なのかもしれません。

いざ印刷所へ入稿

原稿、表紙、ポスター等のデータが完成し、いよいよ印刷所へ入稿! 今回は技術書典のバックアップ印刷所である日光企画さんを利用させて頂きました。しかし案の定うっかりスキルを発動してしまい、

  • 平綴じ本表紙の背幅計算ミス
  • 表1.4(裏表)が逆

をやらかしてしまったのですが、日光企画さんから電話をいただき事なきを得ました…。日光企画さんの懇切丁寧な対応に感謝しかありません。

(強いて言うならばフォームの入力項目が多いので、localStorageに保存してくれるようになるといいな…と思いました)

その他事前準備

電子版ダウンロード用に、QRコードとパスワードを記載したカードを作成しました。普通にプリントパックの名刺カード印刷で注文しました。 その他ブース設営の備品として、

敷布、ポップスタンド、ブックスタンド、見本誌用ブックカバー、カッター、ハサミ、水性ペン、スケッチブック、養生テープ

など定番ではありますが、必要そうなものをamazonでポチりました。

イベント当日のサークル側準備

印刷所のバックアップサービスであるイベント直搬入サービスを利用したため、搬入作業が無くとても楽でした。

しかしその反面、実物を自分の目で確認できるのが当日になってしまうため正直かなり不安でした…。 自スペースに到着すると既に本が置かれており、初めて本と対面したのですが、印刷物に問題もなく何よりも我が子にようやく会えた感動で不安が一気に吹き飛びました。 それから1時間ほどかけて、ブースの設営やオペレーション短縮のため物理本300冊にひたすらDLカードを挟み込む作業を行いました。

開場〜300部完売まで

サークルチェック数(被チェック数)が当日朝には400近くまで増加していたこともあり、開場から3時間たたずに物理本300部が完売してしまいました。 友人に売り子をお願いしていたため、無事にオペレーションを回すことが出来ましたが、他サークルの頒布物買い物やブースの情報ツイートや撮影などひとりだと確実に詰んでいました…。可能であれば、売り子は絶対にお願いしたほうが良いです。

完売以降は電子版ダウンロードカードの頒布を行ったのですが、せっかくの祭典なので全員に物理本をお渡ししたかったな…という気持ちが残りました。とはいえ初参加で右も左も分からない状況だと、部数的にはここあたりが限界だったようにも思います…。

(落ち着きのないサークル主に代わり冷静に仕事をこなす売り子氏)

さいごに宣伝

BOOTHでも販売開始しました。テーマ通りさくっと読める内容なので、気軽に読んで頂けたらと思います。

natsumican63.booth.pm

またサークル参加するぞ!!!!

おまけ